Posted on Feb 27.2020

弊社所属アーティストがデザインした『再生可能エネルギー啓発バナー』無償ダウンロードサービスを開始

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e9%9b%bb%e5%8a%9bnews
みんな電力株式会社にて、弊社所属アーティスト2名がデザインした『再生可能エネルギー啓発バナー』の無償ダウンロードサービスを開始いたしました。

プロジェクトの詳細はこちら

1.Switch to renewables?
switch-to-renewables__1200x640

1日に家庭から排出される二酸化炭素はサッカーボール約1,227個分、そのうち48.6%が「電気由来」(※)。自宅の電気を「スイッチを押すように」簡単に切り替えられること、再生可能エネルギー100%の電気を使うことで、豊かな自然を守りたいという願いを表現しています。

※家庭からの二酸化炭素排出量48.6%は、JCCA全国地球温暖化防止活動維新センターが公開している2017年度の数字を使用しています。また、サッカーボール約1,227個は、二酸化炭素1kgあたりの体積をサッカーボール100個分として算出しています。
(年間 約4,480kgCO2 ÷ 365 = 一日12.27 kgCO2、12.27×100=1,227)

【制作アーティスト】
東出桂奈(ひがしで けいな)

Art Director / Illustrator
1980年埼玉生まれ。埼玉と長野で二拠点生活中。日本デザイン専門学校 グラフィックデザイン学科卒業。5年間グラフィックデザイナーとして活動。2006年にRIDE MEDIA&DESIGN株式会社のWEBデザイン部門のトップとして立ち上げに参画。『PIE International』キングジム『暮らしのキロク』特設サイトなど数々のウェブサイト制作のアートディレクションを務める。2012年には自らのSNSの活動をもとに、社内6人の女性クリエイターを集い、ウェブマガジン「箱庭(haconiwa)」を立ち上げ編集長/アートディレクターを経験。現在はアートディレクター/イラストレーターとして、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、WEBデザイン、フォトスタイリングなどを手がける。商用フリーのデジタル素材がダウンロードできるオンラインストア「tiny design store」では、さまざまなデザイン制作物をたのしく演出する素材を販売。旅をライフワークにしており、ペルー、モロッコ、メキシコ、アイスランドなど、マニアックな国を飛び回って情報収集&発信している。

tiny design store:https://haconiwa.thebase.in
Instagram:https://www.instagram.com/keina_higashide

2.Which will you choose?
which-will-you-choose__1200x640

現在の日本は、石油や石炭などの化石燃料を使って生産される電気が約7割を占めます。そのため、自宅で電気を使うことが、地球温暖化に影響があると言われる二酸化炭素の排出につながっています。しかしながら現在、二酸化炭素を排出しない「再生可能エネルギー100%の電気を使う」という選択肢があります。「どっちを選ぶ?」というシンプルなメッセージを、デザイナーが得意とする浮世絵の表現でお届けしています。

【制作アーティスト】
永壽(エイス)

1995年HIPHOP、SKATEBOARDカルチャーのグラフィティに衝撃を受け、本格的にグラフィティ活動をスタート。1997年故Dev Large(Buddha Brand)が立ち上げた「El Dorado Records」発足時にグラフィティアーティストとして参画。2000年よりグラフィックデザイナー兼アートディレクターとしてさまざまなデザインを手がけている。2019年自身の初となるエキシビジョンを横浜〜NY(Lafayetteコラボレーションの元)開催。両会場ともに大盛況を収める。都内や湘南地域を中心に創作活動を行う今注目のアーティスト。

Instagram:https://www.instagram.com/eisu_one/

ダウンロードはこちらから
使用にあたっての注意事項はこちらから

RIDE’S Social

最新情報は

facebook

でも公開中!

Pickup news